人気ブログランキング |

新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2020年 04月 07日

16番 永大 EF15 車体整備その2 ステップ植え込み片側完

 16番 永大 EF15 車体整備その2 ステップ植え込み片側完_b0374186_2043471.jpg
16番永大EF15、片側のステップ取り付けが完了しました。
φ0.4mmピアノ線はやや太めですが、このモデルは全体の線が太いので丁度いいかと。
ナンバープレートは仮のEF58のものです。
 16番 永大 EF15 車体整備その2 ステップ植え込み片側完_b0374186_2044259.jpg
穴位置はかなり失敗しました(^^)
ドリルで拡げてステップを押し込み、瞬着で接着するときに穴を埋めています。
角形避雷器も仮です。
信号炎管を取り付けるため、助士席側のランボードを短縮したら車体の凹みが見えてしまいましたので、美軌模型店さんの瞬間パテの粉で埋めておきました。
 16番 永大 EF15 車体整備その2 ステップ植え込み片側完_b0374186_20441699.jpg
さて、反対側もゆるゆると進めましょう。

# by nari--masa | 2020-04-07 20:55 | 16番 | Comments(0)
2020年 04月 06日

16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み

16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み_b0374186_19201745.jpg
16番 永大プラモデル改造 EF15の車体整備に戻りました。
まずはモールドのステップやナンバープレートベースを削り取り、前面のステップを植え込みます。
16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み_b0374186_19204017.jpg
ステップをいくつか試作してみました。
左からφ0.3mm燐青銅線、φ0.4mmピアノ線、φ0.5mm真鍮線です。
16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み_b0374186_19205239.jpg
参考にしたのはトラムウェイのEF18です。
この機のステップはプラ製で、太さは実測φ0.4mm、幅は外のりで約3mmでした。
16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み_b0374186_19211046.jpg
φ0.4mmピアノ線を使って植え始めました。
全部で12本植えます。
16番 永大 EF15 車体整備その1 ステップ植え込み_b0374186_19212332.jpg
太さはこんなもので良さそうです。
片側にφ0.5で一列に穴を明け、そこにピアノ線のステップを差し込んで反対側の穴明け位置に押し付け、その凹みをガイドにドリルで穴を明けます。
慌てると曲がってしまうので、のんびりと施工していきます。
早速上から2段目の穴位置を間違えてしまいました(一枚目の画像)
後で埋めておかなければ(^^)

ステップの植え込みが終わったら車体塗装、窓はめ込みの順で進めます。
あと、別途必要なものとしてナンバープレート、製造銘板、テールライト、信号炎管、ホイッスルカバー、避雷器などを入手しなければなりませんが、この時期交通機関で出歩きたくないので後で施工できるものはしばらくそのままにしておきます。

# by nari--masa | 2020-04-06 19:34 | 16番 | Comments(4)
2020年 04月 03日

16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完

 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_172638100.jpg
16番カツミED70、一次整備が完了しました。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17262882.jpg
昨日の予告通り、車内のウェイトをタミヤの機内色で塗りました。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17261984.jpg
シルバーのメッキだった碍子にクレオスのクールホワイトを筆塗り。
うまくいくか心配だったので、余剰の碍子でテストしてから施工しました。
高圧線はペベオのカッパーで。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_1726917.jpg
パンタグラフはED100に取り付けたカツミのPS16新形を強奪しました。
但し、ED70のパンタグラフは本来PS100で、1本ホーンなんです。
いずれ1本ホーンのパンタグラフを入手して再交換し、このパンタはED100に戻します。
パンタの碍子も白で塗ってありますが、白だと足が開いていないのが目立ちます。
標識灯(尾灯)はそのうちにレンズを入れておきたいところです。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17255574.jpg
もう一方のパンタも同様に。
このパンタを2個買うと機関車本体とあまり変わらない値段するので、調達は資金に余裕ができてからになります。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17254665.jpg
フリーランス線の「赤い彗星」ED100と重連。
この連結状態でR455(18")のS字を通過できました。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17253754.jpg
車重は655g。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その3 一次整備完_b0374186_17284656.jpg
トラムウェイのプラ製EF58より重いです(^^)
EF58旧車体(615g)より更に重く、当廠で最重量級になります。
モーター大丈夫かなぁ?

これでED70はロングラン走行試験までおあずけです。
またEF15に戻りましょうか。

# by nari--masa | 2020-04-03 17:47 | 16番 | Comments(4)
2020年 04月 02日

16番 カツミ ED70 入廠整備その2

 16番 カツミ ED70 入廠整備その2_b0374186_21235991.jpg
16番カツミED70整備の続きです。
順不同ですが、窓に0.3mmポリカ板を貼り込みました。
前照灯部分は真鍮色のままでしたので赤2号で塗り、カプラー解放テコはつや消し黒で塗っておきました。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その2_b0374186_21234278.jpg
床下機器と台車はクレオスのジャーマングレーで塗りました。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その2_b0374186_21233376.jpg
前照灯は3mm砲弾型電球色LEDに交換しました。
18mAのCRDなのでかなり明るいです。
 16番 カツミ ED70 入廠整備その2_b0374186_21232316.jpg
走行は問題なく、単機ならR455(18")のS字も通過できます。
これならフリーランス線でも運用できるかも知れません。
ED100との重連も可能です(直流機と交流機ですが・・・)。

これで大きな整備は完了です。
あとは車内のウェイトを機内色で塗りつぶすとか、碍子を白で塗ってみるとか、屋上配線をペベオのカッパーで塗るとか、パンタグラフを一時的にED100のものと交換するとか、細かい作業が残っています。

# by nari--masa | 2020-04-02 21:33 | 16番 | Comments(2)
2020年 04月 01日

16番 カツミ ED70 入廠整備その1

16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19522019.jpg
16番カツミED70、下回りの整備から始めました。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19505227.jpg

まずは前後逆に付いている床下機器の並べ替えです。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19504210.jpg
アンチ製の床下機器を一度取り外しました。
エアタンクだけは真鍮挽物に交換しました。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19503062.jpg
取り付け部を削って逆に配置できるようにします。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19501663.jpg
ゴム系接着剤で貼り付けました。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19495782.jpg
KATOのNゲージED70と比較。
精密さを除けば概ねOKです。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19493236.jpg
鉛のウェイトを5個搭載。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_19522019.jpg
モーターは缶モーター2個搭載しました。
これでED100と同じ走行性能になりました。
16番 カツミ ED70 入廠整備その1_b0374186_1949320.jpg
カプラーをKadee#5に交換しました。
床下と台車を黒で塗りたかったのですが、本日は雨のため塗装不可でした。
車体の方は窓セル貼り付けと前照灯のLED化を行う予定です。

# by nari--masa | 2020-04-01 20:01 | 16番 | Comments(2)