新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 14日

MODEMO 都電荒川線8800形 動力整備

b0374186_1226455.jpg
MODEMOの都電8800形、走行時に多少びびり音がでるのと勾配でスリップするため動力の整備(という名の分解遊び)をしてみました。
まずはボディを外したところです。
左側、モーター下の台車は非動力、右側ウェイト下の台車だけが駆動します。
重量バランスとしてはあまり良くないです。
右端のスペースにウェイトを積みたいところですが、ここはライトユニットがあるためこれ以上積むことができません。
b0374186_12261118.jpg
ウェイトは両面テープで貼り付けているだけなので簡単に外れます。
b0374186_1226173.jpg
動力台車を外しました。
これは引っ掛けてあるだけなのでこじると外せます。
集電板もTOMIXやGMの旧型のような構造ですね。
奥にウォームがあります。
このウォームは首を振らないのですが、モーターとの同軸が出ていないのでプロペラシャフトを噛ませているようです。
b0374186_12262495.jpg
このウォームは前後にかなりがたつきがあります。
これは左に寄った状態。
b0374186_12263240.jpg
右に寄った状態です。
b0374186_1226388.jpg
赤丸印、ウォーム軸受のところに・・・
b0374186_12264565.jpg
M1.4の小ネジを入れて動きを制限してみました。
いいような悪いような・・・最終的には外しました。
b0374186_1227291.jpg
異音(びびり音)は多分プロペラシャフトから出ていると思われたので、継手の部分にタミヤセラミックグリスを充填しました。
モーター(フライホイール)側です。
b0374186_12271113.jpg
こちらウォーム側。
これでかなり静かになりましたが、本質的にはプロペラシャフトが細すぎると思います。
ついでにモーター軸受にもユニクリーンオイルを一滴入れておきました。
b0374186_12265075.jpg
スリップの方はゴムタイヤを交換してみました。
上がMODEMOのもの、下はKATOのφ4mmです。
KATO製の電車などφ5.6mm動力車輪に装着するものですが、ほとんど同じ大きさです。
b0374186_1226562.jpg
左がKATOの新品、中央と右がMODEMOの製品についていたもの。
中古でしたので多少摩耗しています。
トラクションタイヤの取り付け向きの影響も大きいのですが、一応、スリップせずに走行できるようになりました。
非動力台車のころがり(集電金具の車軸への押し付け強さ)の影響もあるようで、集電金具を取り外すとスリップしにくくなりますが、さすがに1軸集電では無理があるので再び集電金具を取り付けました。
これで一応MODEMO動力整備は完了です。
[PR]

by nari--masa | 2017-12-14 12:58 | 路面電車(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2017-12-15 08:59 x
おはようございます。

ウェイト意外に少ないんですね。
窓から黒く見える感じは、もっとありそうでしたのに。
KATOのゴムタイヤは、何かと便利ですね。
春に再生産されるようなので、また在庫仕入れしておかないと・・・(^-^;

EXCIA指令は5329 来年あたりはEF53も期待したいです。旧型デッキ機はやはりKATOでしょうから。
Commented by nari--masa at 2017-12-15 11:10
がおう☆さん お早うございます。
ウェイト、ギヤボックスの部分がありませんから少ないし効果的な位置にかかっていません。
KATOのゴムタイヤはマイクロ機以外には基本的に使えるのでなくなると仕入れていますが、あまり古くなるとゴムが劣化するので在庫の量が難しいです。
ちなみにマイクロ機でもデザインナイフでスライスすれば使えます。
EF53、KATOが出したら最新鋭の動力で無音で走りそうで怖いですね(^^)
マイクロみたいなジージー音でなく、グォォーンという旧型電機の重低音が出せる模型ってできませんかね(サウンドでなく)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ワールド工芸プラキット クモヤ...      初めてのMODEMO 都電荒川... >>