新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 18日

ワールド工芸プラキット クモヤ22 車体と足回り組み上げ

b0374186_20331370.jpg
ワールド工芸プラキット クモヤ22、車体と足回りの組み上げを行なって走れるようにしました。
b0374186_20331971.jpg
キットに付属のDT11台車枠レリーフは表現がダルいので・・・
b0374186_20332496.jpg
鉄コレ動力17m級Bに付属のDT11台車枠レリーフを使います。
中央のピンを削り取って平滑にします。
b0374186_20333047.jpg
ゴム系接着剤でワールド工芸の動力ユニットに貼り付けました。
b0374186_20333765.jpg
T台車も同様に組み上げ。
b0374186_20334427.jpg
車体を接着で組んで台車に乗せました。
これで一応走行できます。
b0374186_20335020.jpg
合わせ目は後日溶きパテで埋めることにします。
b0374186_20335782.jpg
台車がかなり妻板に近いので、カプラーと干渉しないか心配です。
できればKATOの新型密連にしてクモニ13あたりとつないでみたいのですが。
b0374186_2034126.jpg
コンテナを積んで走らせました。
コンテナの中には鉛板を入れてあります。
なくても走りますが、やや集電が不安定になります。
いずれT台車からも給電できるようにするつもりです。
b0374186_2034797.jpg
パンタグラフのない側の運転台です。
b0374186_2034162.jpg
かなり小さいので窓のハメコミが大変そうです。
b0374186_2034226.jpg
台枠の高さがかなり低くて台車ぎりぎりです。
b0374186_20342890.jpg
KATOのクモニ13と並べてみました。
雨樋の高さがかなり違いますね。
少しかさ上げする必要がありそうです。
もう1輌分、車体を組み上げてからパテ埋め、研磨、塗装と進みます。
[PR]

by nari--masa | 2017-12-18 20:50 | 旧型国電(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2017-12-19 09:00 x
おはようございます。

KATOのクモニ13と比べると、少し車高が低いようですね。
ボデマンだとこういう差が痛いですね(^-^;
でも形になってくると、このゲテモノっぷりが際立ちます。

窓は大変そうです(笑)
こたつでのんびりやるには良いかも・・・(^-^;
ミカンは食べながらは無理ですが。
Commented by nari--masa at 2017-12-19 18:25
がおう☆さん こんばんは。
これがこの車本来の高さなんでしょうが、連結時は困ります。
コンテナ積むと更にゲテモノ感が増しますね。

窓は大きい運転台の方で成形してから小さい方にはめ込もうと思います。
ん~、切り屑がでるのでこたつでは許可が下りないと思われます(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ウォーキング      ワールド工芸プラキット クモヤ... >>