新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 05日

GM動力のトラクションタイヤ削減

b0374186_16355493.jpg
GMのコアレスモーター新動力ユニットです。
ウェイトがやや軽い為か、標準のトラクションタイヤ配置では集電不良を起こすことがあります。
そこで当廠ではトラクションタイヤを1軸に集中して、他の3軸は集電に専念させるようにしています。
b0374186_1636032.jpg
こんな感じですが、当廠のようにR177やR140カーブを通過させる場合、両側にトラクションタイヤがあるとかなりの抵抗になってしまいます。
長編成の場合だとトラクションタイヤなしでは牽引力が不足しますが、富山地鉄のように2~3輌編成ならばトラクションタイヤ無しでも十分走行できますので、トラクションタイヤの削減を試みます。
※勾配区間の有無によってはトラクション無しではスリップしてしまう場合があります。
また、本記事によって施工された結果に対しては責任を負えません。
b0374186_1636619.jpg
GMコアレスモーター動力ユニット用の動力車輪は分売されていないようですので、KATOの中空軸車輪を使います(秋葉原には行っていませんので、GMストアーにあるかどうかは分かりません)。
手前はKATOの中空軸車輪(ビス止め台車用)、奥がGMの動力車輪です。
但しKATOの車輪はかなり古い手持ち品です。
b0374186_16361391.jpg
KATO中空軸車輪(ビス止め台車用)は軸長14.3mm。
b0374186_16362079.jpg
GM動力車輪は軸長13.2mmです。
b0374186_16362675.jpg
KATOの車輪を車軸から引き抜きます。
この旧製品は中空軸の中に入る側の先端も尖っていますが、最近の製品(黒染め車輪など)はここが平らになっています。
b0374186_1636349.jpg
ピニオンプーラーで車軸を0.6mmほど引っ込めます。
b0374186_16364054.jpg
左が元の長さ、右が車軸を引っ込めたものです。
b0374186_16364691.jpg
このまま組み込むと中空車軸の奥で両方の軸が接触してショートしますので、中空軸の奥に入る側の車軸先端をヤスリで削って短くします。
左が加工前、右が加工後です。
b0374186_16365130.jpg
これをGMのギヤ付き動力車軸に組み込み、軸長が約13.2mmになるように適宜調整します。
軸の太さはほぼ同じで、GMの中空軸にKATOの車輪をはめ込むとやや緩いかな、という感じです。
ガタガタではないので、気になるならゴム系接着剤で固定しても良さそうです。
b0374186_1637065.jpg
GM動力に組み戻しました。
右側の車輪がKATO製です。
なお、KATOのギヤ付き車軸をそのまま使えないかと思ってやってみたのですが、走行音がうるさくなったりぎくしゃくしたり、あまりうまくいきませんでした。
ギヤモジュールは同じ様なんですが、中空軸の外径太さが若干太いのと、もしかしたらギヤの歯数が違うのかも知れません。
GM車軸に交換すれば済んでしまう話なので真面目にチェックしておりません(^^)
b0374186_1637761.jpg
これで全軸トラクションタイヤ無しになりました。
KATOの17m級国電(クモハ11など)の動力もトラクションタイヤ無しなので、適宜ウェイトを補重すれば同程度の牽引力になると思われます。
牽引輌数によってはトラクションタイヤを1輪だけ残すのも手ですね。
b0374186_16371463.jpg
ちなみにKATO最新のスナップオンタイプ台車に使用されている軸長13.2mmの車輪はそのまま交換できます。
品番11-607、11-608など、旧型国電用スポーク車輪(集電仕様・車軸短)がそのまま使えそうです。
プレート車輪はギヤ付きで良ければ品番029950-3 EC用ギヤ車輪銀短 が使えるかも知れませんが、確認していません。
b0374186_163720100.jpg
富山地鉄14760形のオマケ工事です。
GM動力にしてからスノープロウを外していたのですが、富山地鉄は年中スノープロウを付けているそうですので、ギヤカバーを加工して鉄コレのスノープロウを接着しました。
b0374186_16372777.jpg
こんな感じになりました。
夏でもこの姿が普通なんですね。
[PR]

by nari--masa | 2018-01-05 17:16 | 富山地方鉄道(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2018-01-06 16:58 x
こんにちわです。

富山地鉄はやはりスノープロウがあった方が似合います。
夏場も外さないのは、手間の削減でしょうか?(^-^;
スカートが無い前面時は、足元が締まるような気もします。
Nゲージというのもあるでしょうね(^^♪

EXCIA指令1714 近江鉄道のED14など、ミュージアムにあったのを全廃したようです。
そこまで残した貴重な機関車。もうちょっと他の方法もあったのでは?と思いますが・・・
鉄コレで入線させておいて良かった~
Commented by nari--masa at 2018-01-06 20:09
がおう☆さん こんばんは。
最近の富山地鉄は夏もスカートを取り付けないので排障器代わりなんでしょうか。
前面から見た時車輪が直接見えない方がいいですよね。

近江鉄道、機関車を廃車解体してしまったんですね。
なかなか車輌の静態保存は難しいようですね。
鉄コレED14、国鉄だけ2輌買いましたが近江仕様は購入しませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鉄コレ動力のトラクションタイヤ削減      富山地鉄14760形 前照灯電... >>