新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 10日

GM動力を黒染め車輪化改造 京急600(Ⅲ)形4連

b0374186_16323853.jpg
さて、鉄コレ京急700(Ⅱ)形の整備なんですが、その前にちょっと気付いたことがありまして・・・
b0374186_16324665.jpg
GMの京急600(Ⅲ)形4連、いわゆる650形を引っぱり出しました。
6年ほど前に発売された塗装済みキットで、更新前のクロスシート仕様です。

今日は画像が多いので別窓にします。
続きは下からどうぞ。



b0374186_1632541.jpg
当廠では京急の4輌編成車輌は基本的に非動力として、8連にぶらさげて12連で走らせるようにしています。
ただし元々動力付きのマイクロ2400形とGMキット700形は例外。
この600(Ⅲ)形も非動力です。
b0374186_1633212.jpg
T車同士の連結面間隔はこの程度です。
b0374186_1633867.jpg
このパンタ付き付随車(Tp)にはGMの旧動力(2モーター式)があるのですが、それを組み込むと連結面が開いてしまいます。
これも4輌編成を動力化しない理由の一つでした。
b0374186_16331691.jpg
試しに、京急1000(Ⅱ)に取り付けたGMコアレスモーター新動力18m級をTpに組み込んでみました。
連結面間隔はかなり改善されます。
このくらいなら動力化してもいいかな。
台車レリーフがまだ1000(Ⅱ)形のTH2100A(もどき)のままです。
b0374186_16332560.jpg
600(Ⅲ)形の台車は短軸梁式のTH600なんですが、GM新型動力に簡単に取り付けられるものがありません。
T車の台車枠を切り離してゴム系接着剤で貼り付ける必要がありますが、面倒なのでとりあえず似ている鉄コレFS389を塗装して取り付けました。
ところが、このタイプの台車は車輪がまる見えになるのでT車は以前に黒染め車輪に交換してあり、動力車(左)の銀車輪が大変目立ちます。
b0374186_16333582.jpg
そこで、KATOの短軸黒染め車輪に交換しようと、こんなものを引っぱり出しました。
以前に165系リニューアル品のサロをアッシーで組んだ時に誤って余分に購入してしまったものです。
b0374186_1633446.jpg
この黒染め車輪の軸長が13mm(公称は13.2mmらしいです)。
b0374186_16335217.jpg
GMの動力車輪が13.1mm。
これで簡単に交換できると思ったんです。
しかし・・・
b0374186_1634026.jpg
GMのギヤ付き中空軸にKATOの黒染め車輪を組み込んでみると、軸長12.7mm。
なぜ・・・?
b0374186_1634930.jpg
GMの車輪の厚さは2mm
b0374186_16342054.jpg
KATOの車輪は1.7mm。
b0374186_16343668.jpg
GMの中空軸長は7.3mm。
b0374186_16342714.jpg
KATOの中空軸は7.6mm。
つまり車輪の厚さとバックゲージが違うんですね。
b0374186_16344585.jpg
ちなみにKATOの短車軸のピボット軸長さは6mm。
b0374186_16345684.jpg
長車軸のピボット軸も6mm。
短車軸も長車軸も同じパーツを使って車輪に対する軸の固定位置を変えることで作り分けていたんですね。
これはKATOの新型車輪であれば長車軸をピニオンプーラーで短くして車軸長を変更しても中空軸の中でショートはしない(ヤスリで軸を詰めなくてもいい)、ということです。
b0374186_16353039.jpg
で、今回はこれを使います。
美軌模型店さんのポリカ板0.2mm厚。
b0374186_163673.jpg
φ1.2mmの穴を明けて切り出します。
b0374186_16361663.jpg
これをKATOのピボット車輪の裏にはめてGMの中空軸に取り付けます。
b0374186_16362359.jpg
軸長13.1mmになりました。
b0374186_16363822.jpg
4輌編成を動力化してトラクションタイヤを付けると8連との併結時に協調がうまくいかないことがあるので4軸ともタイヤ無しにしました。
左の2軸はGMの銀車輪のままです。
向こう側は2モーター動力で、GMから黒染め車輪が発売されているので交換してあります。
早く新動力用も黒染め車輪が発売されると簡単なんですけどね。
KATOの短軸ギヤ付き黒染め車輪が使えないか、そのうちやってみます。
b0374186_16364890.jpg
左が動力車です。
違和感がなくなりました。
b0374186_16365573.jpg
う~ん、台車はコレジャナイ感ありまくりですね(^^)
b0374186_16371035.jpg
走行はスムーズです。
車内の室内灯ユニットのコイルバネが目立ちますね~。
裸銅線に交換したいところですが、輌数が多くて手が回りません(^^)

さて、この動力は一旦元の1000(Ⅱ)形に戻して、いずれまたGMコアレスモーター18m級新動力を購入したときに600(Ⅲ)形に取り付けることにします。
次回からは鉄コレ700(Ⅱ)形の整備ですが、動力化はしないのでさっくりと。
[PR]

by nari--masa | 2018-01-10 17:35 | 京急電車(N) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 単線トラス橋梁設置      100均書類ケースを車輌ケースに >>