新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 12日

単線トラス+R177、21m級車輌通過対策

b0374186_20293937.jpg
TOMIX単線トラス橋梁につや消しトップコートを吹いてみました。
b0374186_20294684.jpg
プラの艶は多少抑えられましたが、質感までは改善できませんでした。
いずれ塗装するしかなさそうです。
墨入れが効果あるかもしれませんね。
b0374186_20295260.jpg
この鉄橋は長さ280mmですが、当廠常設線の直線長さは350mmのため、片側は70mm直線を入れられますが反対側はR177カーブに直結することになります。
19m級までは通過できたのですが、20m級と21m級は車端がトラスに干渉してしまいました。
b0374186_2030024.jpg
見事にぶつかります(^^)
b0374186_2030750.jpg
で、70mm直線を外して鉄橋の両側に35mm直線を挟もうと考えました。
でも35mmストレートレールはKATO線路とのジョイントレールであるため結構高価です。
そこで、古い70mmギャップレールを切断して使用することにしました。
これならレールはもう切れてますよ状態なので簡単に施工できます。
b0374186_20301354.jpg
まずはニッパーで真っ二つに(^^)
b0374186_20302514.jpg
ジョイナーが入るスペースを作って、他のレールから強奪したジョイナーをはめ込みます。
b0374186_20303324.jpg
これを橋梁の両側に組み込みました。
b0374186_20304356.jpg
たかがこの程度の長さなんですが・・・
b0374186_20305097.jpg
21m級のキハ55も干渉せずに通過できるようになりました。
KATOのEF58や大型蒸機はちょっと微妙かも知れませんが、これらはもともとR177を通過できませんので常設線を走らせることはなさそうです。
[PR]

by nari--masa | 2018-01-12 20:45 | ストラクチャー・レイアウト | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2018-01-13 12:19 x
こんにちわです。

ナイスな処置です。
昨日引き算したら、70mmかぁーと思っていたんですが、半分に切れば良いんですよね。
35mmでもトラスまでの距離が稼げたことで、21m級も安心して走らせられますね(^^♪
トラスは塗るほうが良さそうです。
ついでに汚しましょう(笑)

35系-4000やまぐち号は、KATOの最新のカタログにも予定品としてD51-200と共に出ているようです。
TOMIXよりKATOが良いので、気楽に待とうかと思います。
ただD51-200と同時になりそうな悪寒・・・(^-^;

EXCIA指令0554 DD54は増備しましたし、55?EF?それは欲しいけど・・・(笑)
Commented by nari--masa at 2018-01-13 15:33
がおう☆さん こんにちは。
そうですね~、ストラクチャは塗って汚す、が基本ですね。

35-4000、KATOとTOMIXの競作のようですね。
TOMIXの方が早いですが、KATOから出るなら待つ、という方も多いようです。
D51 200と一緒ですか。
KATOは基本的に機関車と同時発売ですから、そうなりますかね。
いつもあまりお財布に優しくないですね、KATOは(^^)

0554ですか。
C55とかC54もいずれ1/150で出るんでしょうか?
EF55やED54が出たら飛びつきますが、量産品では安定した駆動系を作るのが難しいでしょうねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京急700(Ⅱ)形 整備(1)...      単線トラス橋梁設置 >>