新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 27日

GMツインモーター動力の再整備(1) 1モーター化

b0374186_21473525.jpg
富山地鉄祭りの前に、ちょっと動力整備をします。
これは当廠にあるGM製旧動力ユニット、いわゆるツインモーター動力です。
いずれもGM製京急2100形や1000(Ⅱ)形、600(Ⅲ)形に使っていたのですが、とにかく神経質で、2009年の弊Blog開始直後からこんな改造を行なっていたのですが、結局しばらく走らせないと調子が崩れてしまい、走行前の整備が欠かせない、と言う状態でした。
で、京急の車輌はほとんどGMコアレスモーター新動力やMA製動力に交換してしまい、この動力は遊休状態になっておりました。
今回、この動力を富山地鉄など地方私鉄の車輌に転用しようと目論んでおりまして、その改造に着手しました。
この動力の最大の問題は何と言っても2個のモーターが同期しないことなんですが、京急など大手私鉄の8輌編成を動かすならともかく、地方私鉄の2~3輌編成ならモーター2個もいらないだろう、ということでモーターを片方撤去して片台車駆動にすることにしました。
京急が700形を琴電に譲渡した時にモーターを半分にしたのと同じような話です。
なお、いつもの如く、これは当廠の趣味としてやっておりますので、その結果については何も保証はありません。
b0374186_21474776.jpg
片方の台車はギアを抜いてしまいます。
トラクションタイヤは無し。
b0374186_21475327.jpg
駆動用に残す台車はトラクションタイヤを1個、車端側につけます。
b0374186_2148263.jpg
動力のモーターカバーを外してモーターケースを抜き出したところです。
このモーターカバーは爪が折れやすいので要注意ですが、注意していても折れます(^^)
b0374186_2148945.jpg
モーターを単体で回してみて、調子の良い方を残します。
やってみると音や回転にかなり個体差がありました。
b0374186_21481634.jpg
動力を再度組み上げました。
ウォームが片側だけ見えます。
b0374186_2148277.jpg
ウォーム側に動力用台車を取り付けます。
b0374186_21483698.jpg
ウォームの無い側にはギアを抜いた台車を取り付け、集電専用にします。
b0374186_21484394.jpg
3台組み上げて試走してみましたが、かなり調子よく走ります。
でもこの動力にはいつも裏切られてきたので、しばらくロングランテストをしないと安心できませんね。
b0374186_2148506.jpg
この改造の結果、モーターが半分余りますので、調子の良いものから使っていきます。

さて、この動力を鉄コレ車体に組み込むために、ある面倒な工事をしなければなりません。
ちょっと時間がかかりますので、その辺は次回に。
[PR]

by nari--masa | 2018-01-27 22:27 | 動力等分解整備 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< GMツインモーター動力の再整備...      鉄コレ 富山地鉄 14760形... >>