新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 28日

GMツインモーター動力の再整備(2) ダイカストブロックの幅詰め

b0374186_15523324.jpg
昨日の1モーター化に引き続き、GMツインモーター動力の再整備です。
本日のお題は「GMツインモーター動力を鉄コレに組み込む」です。
b0374186_1510760.jpg
GMツインモーター動力のダイカストブロック幅は16.7mmあります。
b0374186_15101391.jpg
こちらは鉄コレ動力ユニットですが、15.4mmほどしかありません。
GMツインモーター動力はダイカストブロックの幅が広すぎてそのままでは鉄コレ車体に組み込めないのです。
鉄コレ車体の内寸を実測すると、概ね15.8mmほどです。
b0374186_15101881.jpg
で、GM動力のダイカストブロック幅を詰めていきます。
フライス盤とか平面研削盤があればあっという間にできてしまう加工なのですが、生憎当廠にはそんな文明の利器はありません。
サンダーかポータブルグラインダー、せめてリューターでもあればと思うのですが、それすらないので止むを得ずヤスリでシコシコと削っていきます。
右側をだいぶ削り込みました。
b0374186_15102473.jpg
上のような感じでゴリゴリと(^^)
b0374186_1510302.jpg
片側で16.2mmまで削りました。
b0374186_15103778.jpg
続いて反対側も削って15.8mmまでもってきました。
b0374186_15104356.jpg
右は加工前、左は加工後です。
これ以上削ると薄くなった部分が危なくなってきます。
これで残りの厚さ約0.35mmです。
b0374186_15104842.jpg
手持ちの適当な鉄コレに押し込んでみました。
鉄コレ車体の裏側についている床板を引っ掛けるためのストッパーは切り取ってあります。
b0374186_15105317.jpg
こんな感じになりますが、モーターカバーが窓ガラスパーツ下端に当たってしまって少し背が高くなっています。
なお台車や床下機器は京急時代のままなので阪神とは合っていません。
b0374186_15105873.jpg
とりあえず走行。
モーターは一番良さげなものを選んだのでそこそこスムーズに走ります。
単行の車輌ならこれで良さそうです。
b0374186_15111290.jpg
この阪神の車輌、どこからやって来たんでしょう?
多分、むかし鉄コレを箱買いしたときに入っていたものかと思います。
色変えのえちぜん鉄道もあります。

これでGMツインモーター動力を鉄コレに使えることは分かったのですが、ダイカストブロックの幅詰めがとんでもなく面倒です(^^)
以前にGMの未塗装キットに組み込むために幅を多少削ってあるものが2個ありますので、その2個だけ使えるようにします。
あ~ミーリングマシンが欲しい(^^)

さて、そろそろ富山地鉄祭りの準備ができたようです。
[PR]

by nari--masa | 2018-01-28 15:37 | 動力等分解整備 | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2018-01-29 14:33 x
こんにちわです。
nari-masaさんもすごい肩こりそうな作業なさってますね(笑)
ダイキャスト削り、最薄の付近はどこかの製品ではもう折れるでしょうね。
阪神の車輛、私は馴染みがある顔ですが、えちぜん鉄道のものしか持ってません。
たしか、えちぜんの前に販売されていたように思います。
今は支線で、まだ走っていたかな?という感じです。

EXCIA指令3067 EF67がどこかで発売…忘れました(笑)
広島へ行けば見れるんでしょうね。厳島なんかに行きながら、牡蠣三昧アンドお好み焼きなんていいなぁと思います(^-^;
Commented by nari--masa at 2018-01-29 15:33
がおう☆さん こんにちは。
もう両方の手指がつってしまって、変な格好に曲がったまま暫く戻りませんでした(^^)

私は阪神に馴染みがなく、これが阪神の車輌とようやく分かる程度です。
同じ関西でも阪急や近鉄はお馴染み(阪急マルーンは大好き)、京阪や南海もそこそこ馴染みがあるのに、なんで阪神だけ?
ほとんど乗ったことがないのです。

GMのダイカストは国産なので品質は一応信頼できます。
このまま車体載せ替えでえちぜん鉄道にしてもいいですね。

EF67、何か出ましたね(^^)
セノハチ補機限定でも売れるんですね。
どうやって遊ぶんでしょう?
自動解放機構が欲しくなりますね。
宮島はアナゴも捨てがたいですよ(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 富山地鉄 10020形、147...      GMツインモーター動力の再整備... >>