新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 11日

蒸機祭りの準備とマイクロE10しれっと入廠

b0374186_155291.jpg
一週間後くらいにKATOのC57一次形が入ってくる予定ですので、少し気が早いですが蒸機祭りの準備を始めました。
b0374186_15521545.jpg
KATO製蒸機の在籍機は5輌、C11、C12、C56、C57四次形、C59です。
これ以外に旧製品のD51がありますが、現在は冬眠中です。
この5輌ともR177を通過できますが、C59はやや苦しいです。
全機、前側カプラーをGMナックルに交換しているので、C11、C12、C56はR177上で重連運転やバック運転ができます。
C57とC59はオーバーハングが大き過ぎるのでR177では無理です。
b0374186_15522071.jpg
さて、「買わな~い」とか言っておきながら、これがしれっと入廠してきました。
マイクロエースのE10-5米原機関区です。
KATOのC57一次形の発売日が決まったので決済月を分けることができ、何とか購入することができました。
あの売り方は気分悪いですけど、ここで買わないと手に入らないので。
b0374186_15522627.jpg
この機関車、5軸機なんですがR177を通過可能です。
R177上では第3動輪がこんなことに(^^)
実機は第4動輪もフランジレスだったそうですが。
b0374186_15523224.jpg
早速カプラー交換をします。
炭庫側はHC KATOのマグネティックナックルをつけてみましたが、高さは良さそうです。
ポケットがきついのでカプラーの付け根上側をわずかに切り取ってあります。
b0374186_15524240.jpg
ストッパー兼ピンを切断してゴム系接着剤で取り付け。
これはマイクロ製旧型電気機関車でよく使った手です。
今のところ自動解放はやらないのでトリップピンは少し上に上げてあります。
またマイクロオリジナルのコイルスプリングでは強すぎて自動解放はできません。
b0374186_15525030.jpg
KATOの客車のナックルカプラーとも高さはぴったりでした。
b0374186_15525529.jpg
ボイラー側はKATOのナックルカプラーを細工したものを取り付けました。
0.2mmポリカ板2枚で隙間を調整して押し込んであるだけです。
これは以前にKATOのC56やC12でやっていた方法なんですが、KATOの蒸機も前側のダミーカプラーは位置が高すぎるので似たようなものです。
まだ少し高いですが、これ以上は端梁の穴を大きくする必要があります。
b0374186_1553030.jpg
客車との高さはこのくらい。
KATOのナックルは縦に大きいので許容範囲です。
GMナックルでも良かったんですが、C56やC12をGMナックルに交換した時のナックルカプラーが残っていたので、それをそのまま使いました。
b0374186_1553574.jpg
旧客を牽引して早速走行。
残念ながらバック運転はオーバーハングが大きすぎて牽引状態ではR177を通過できませんでした。
あとは電飾とクロスヘッドの塗装です。
[PR]

by nari--masa | 2018-02-11 16:23 | 蒸気機関車(N) | Comments(4)
Commented by nobuemondouhonpo at 2018-02-11 22:58
nari-masa様♪
㊗️E10米原機入線㊗️
🎊おめでとうございます🎊
この5軸動輪でありながらタンク機関車‼️
5軸ならではの小径動輪には、気持ちがグラグラしてしまいます♪

ただ…こんなに大きなマンモスタンク機関車がR177を曲がるなんて♪
実際のフランジレスも、模型のフランジレスも大賛成な私、特に蒸気機関車の足回りは画像だけで興奮します♪

カプラーに交換はやはり経験なのですね、私はトリップピン付きのカプラーが怖く、未だに触れませんf^_^;)
Commented by トータン at 2018-02-12 07:47 x
やはり入りましたか~ 諦める訳ないと思っていましたけれど・・・・(^^;
私は今、電飾に苦慮しています それとこの車両 我が鉄道の勾配で6両の牽引が出来ません 当方仕様は炭庫に加重、重連で対処しようかと(^^;
Commented by nari--masa at 2018-02-12 08:36
ノブえもんさん お早うございます。
はい、有難うございます。
そろそろ高い買い物はできなくなってきていますが、こういうものは一期一会ですので(^^)
正直R177通過は諦めていたので、ちょっと驚きです。
先輪、従台車とも大きな引っ掛かりもなく通過します。
ディテールが粗っぽい分だけ先従輪の可動スペースが大きいようです。
フランジレス車輪は初めてですが、面白いですね。

ちなみにこのトリップピンは飾りです。
マイクロトレインズのマグネ・マティックではなく、ホビセンKATOのマグネティックナックルなのでまともには機能しません(^^)
Commented by nari--masa at 2018-02-12 08:40
トータンさん お早うございます。
そうですね~、これを諦めるのはなかなか難しいです(^^;;;
第5動輪がゴムタイヤなのに牽引力がないのは、やはりウェイトのバランスが悪いのでしょうか?
炭庫はかなりスペースがあるので、補重できそうですね。
電飾はいろいろ構想を練っておりますが、クモハ165の前照灯クリアパーツとLEDの組み合わせですかね。
通電は裸銅線と銅箔テープでやるつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マイクロエースE10形蒸機 炭...      鉄コレ 富山地鉄 14790形... >>