新湘南電鐵 横濱工廠3

sinshonan3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 30日

TOMIX 72系「鶴見線」整備その2 モハ72-920電飾とツインLED室内灯レシピ

b0374186_16490874.jpg
TOMIX 72系、中間車モハ72-920の室内灯取り付けが完了しました。
室内灯ユニットのホルダーを撤去したので車内がすっきりしました。
b0374186_16501333.jpg
ツインLED室内灯のレシピも載せておこうと思います。

下の「続きはこちら」から。



b0374186_16491134.jpg
使用部品です。
φ3mm砲弾型高輝度LEDの白色か電球色。
b0374186_16491439.jpg
抵抗です。
スルーホール抵抗かカーボン抵抗で、計算上は470Ωが適正値なのですが、12Vフル電圧をかけなければ430Ω位でも大丈夫かな、と。
この工法にCRDは使いません。CRDを2個使えばやれないことはないですが、配線が面倒になります。
b0374186_16491702.jpg
タミヤの透明ソフトプラ棒。当廠では旧客など屋根の深い車輌にはφ3mmを1本、新型電車や屋根が別体で天井が低い車輌にはφ2mmを2本並べて使っています。
b0374186_16492091.jpg
無被覆銅線。
いわゆる裸銅線です。
ハンダ付けをするのならポリウレタン銅線でもいいのですが、当廠はハンダ付けをしないので裸銅線を使います。
美軌模型店さんから模型用に適度な太さと長さのものが発売されています。
b0374186_16492362.jpg
導電銅箔テープ(左)とアルミテープ(右)。
上回りと下回りの通電用接点に使います。
これも美軌模型店さんの製品です。
b0374186_16492621.jpg
製作にかかります。
まずLEDをヤスリで削って厚さを2mm程度にします。
φ3mmの透明プラ棒を使う場合は不要な工程ですが、φ2mmを使う場合は窓からLEDが見えるのを防げます。
b0374186_16493193.jpg
白色LEDの場合は車内が青白くなるのを防止するためにマッキ―のライトブラウンかオレンジをレンズ面にちょっと塗っておきます。
b0374186_16493568.jpg
脚を左右に90°折り曲げます。
脚は長い方がアノード(+)、短い方がカソード(-)なんですが、折り曲げると判別しにくくなりますのでどちらかに(当廠ではアノード側に黒で)印をつけておきます。
b0374186_16493858.jpg
ソフトプラ棒をニッパーで切断します。
20m級の中間車なら110mmくらいです。
b0374186_16494189.jpg
カッターナイフでソフトプラ棒の先端をスライスして平面を出します。
b0374186_16494482.jpg
このくらいで導光性が回復します。
ソフトプラ棒はカッターナイフでスライスできるので、削るとか磨く必要がないので便利です。
また、適度に光を拡散するので、導光材にアクリル棒を使う場合に必要な、表面にキズをつけるとか、溝を入れるなどの加工も一切不要で丁度良く光ってくれます。
b0374186_16494869.jpg
φ2mmソフトプラ棒2本とLEDをアルミテープで巻いて結合します。
b0374186_16495115.jpg
こんな形になります。
b0374186_16495405.jpg
反対側もカッターナイフでスライスして長さを合わせるとともに平面を出します。
b0374186_16495891.jpg
両側にLEDを取り付けました。
お互いのLEDのアノード側が反対を向くようにします。
b0374186_16500055.jpg
LED部分をつまんで脚が導光材の左右に沿うようにラジオペンチで折り曲げます。
長い銅線を使うならこれは必要ないのですが、材料の節約になります。
b0374186_16500438.jpg
点灯試験です。
LEDのおしりが盛大に光りますが、これは車内に組み込んだ時にかなり目立ちます。
b0374186_16500734.jpg
そこでタッチアップペイントでLEDのおしりを塗って遮光をします。
b0374186_16501178.jpg
こうなります。
ペイントは暗色なら何でもいいですが、色調が変化しない黒か銀が良さそうです。
b0374186_16501333.jpg
LEDの脚を裸銅線でつなぎます。
b0374186_16501689.jpg
片側(給電側)に抵抗を一緒につないでおきます。こちら側の脚はショートしないようにタッチアップペイントで塗ってあります。
抵抗の先に裸銅線の切れ端を結んでおきます。
b0374186_16501944.jpg
反対側は単純につないであるだけです。
これでツインLED室内灯は完成です。
b0374186_16502731.jpg
車体の屋根裏に反射用の銀のプラテープを貼り、そこに室内灯をPPテープで貼り付けます。
b0374186_16503045.jpg
銅線を一緒に抑えるように3か所くらい止めます。
b0374186_16503493.jpg
車端部はアルミテープと銅箔テープで接点を作ります。
b0374186_16503730.jpg
昨日施工した下まわりと組み合わせれば完工です。今回はちょっとお遊びで、片側のLEDを白色に、
b0374186_16504323.jpg
反対側のLEDを電球色にしてみました。
b0374186_16504003.jpg
椅子の青がいい感じです。
b0374186_16504758.jpg
こちら電球色。
ちょうど実車の室内灯が電球から蛍光灯に切り換わる端境期の車輌なのですが、どちらが似合うでしょうか?
私のイメージだと白色なんですが。
[PR]

by nari--masa | 2018-11-30 18:26 | 旧型国電(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2018-12-01 13:11 x
こんにちはです。

室内灯ユニットの支えを無くした効果が大きいです。
室内が広く見えます。本来のロングシートの室内空間が感じられます。

ツインLEDならではのお遊びですね。
鶴見線と言わずに全金化の形態だと、やはり蛍光灯が良いでしょうか?(^^♪
三段窓なら電球色ですね。
しかしツインLED。
Panasonicか何かで売ってそうな名前ですね(笑)
Commented by nari--masa at 2018-12-01 14:45
がおう☆さん こんにちは。
通勤電車というのは人が乗っていないと本当にがらんどうなんですよね。
最近の車輌は冷暖房効果のため窓が少ないのですが、昔の電車は窓だらけでしたから余計にそう見えます。
やはりこの電車は蛍光灯でしょうね。
電球色はちょっと違和感があります。
そのうち白色LEDに交換しておきます。

ツインLED、ダブルLEDでもLED2個式でもLED対向式でも良かったのですが、ちょっと格好をつけてみました(^^)
どこかの家電会社からで出ているかも知れませんね。
まあ商売の邪魔にはならないので訴えられることはないでしょう(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< KATO EF80一次形とガリ...      TOMIX 72系「鶴見線」整... >>